コウジの映画鑑賞の記録

観た映画の感想、評価を記録していきます

グレイテスト・ショーマン

【基本情報】

ジャンル:ミュージカル
製作年:
監督:マイケル・グレイシー
楽曲:ベンジ・バセック、ジャスティン・ポール
出演:ヒュー・ジャックマン
   ザック・エフロン
   ミシェル・ウィリアムズ
   レベッカ・ファーガソン
   ゼンデイヤ
キャッチフレーズ:「夢が、踊りだす。」

【概要とあらすじ】

 19世紀半ばのアメリカ。幼馴染の妻と子供たちを幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナムは、いわゆる「フリークス・ショー」をヒットさせ、成功をつかむ。しかし、彼の型破りなショーには反対派もいた。若き相棒のフィリップをパートナーとして迎え、彼の協力によりイギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを得たバーナムは、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと出会う。彼女のアメリカ公演を成功させ、一流のプロモーターとして世間から認められようとするバーナムだったが……。(公式HPより)

【評価と感想】

評価は ★★★★★★★☆☆☆
 典型的なミュージカル映画ですので、その好き嫌いによって評価は分かれるところです。
 まず何よりも音楽が良い!映画「ラ・ラ・ランド」の作詞作曲チームが担当したとのことで「A Million Dreams」「The Other Side」「Never Enough」「This Is Me」「From Now On」など名曲のパレードでした。
 中でもおそらく視聴者の8割(テキトー)が心に響くのが「This Is Me」ですよね。

When the sharpest words wanna cut me down
もし言葉の暴力で切り裂かれそうになったら
I'm gonna send an flood, gonna drown them out
洪水を起こしてやる、そして溺れさせてやるんだ
I am brave, I am bruised
勇気があって、心を傷つけられてもいるけど
I am who I'm meant to be, this is me
それが私、それが私なんだ
Look out 'cause here I come
気をつけろ、私がここにいるぞ
And I'm marching on to the beat I drum
鼓動に合わせて行進する私が
I'm not scared to be seen
見られても恐くはない
I make no apologies, this is me
言い訳もない、これが私だから

 自分は平均ではないことはわかっているけれど、そのありのままの自分を受け入れて、かつ誇りを持って進んでいくんだ、という決意を歌ったこの歌に勇気をもらった人はきっと多いのではないでしょうか。一聴の価値あり!と断言したいところですが、音楽だけYOUTUBEで、あるいはITUNESで聴いてもやっぱり、実際に映画を観て聴いたのとでは違います。その曲に至るまでの1時間ないし2時間で登場するキャラクターの背景を知り、映像と相まって聴いてこその感情というものがあるはずです。ぜひ、まずは映画を観てほしいです。
 
と、曲について長々と書き、ストーリーについては触れてきませんでした。これについてはP.T.バーナムが実在したということもあり微妙なところではありますが…うーん。彼は相当うさん臭い人だった気がしますし、そもそも題材が「フリークス・ショー」ということもあり、こんなブログでちょろちょろって書くものでもない気がしています。
 一言で多様性とかダイバーシティとか、社会学みたいなことを言っちゃうのは薄っぺらいので。しかもそのキャラクターを言うても美男美女の俳優が演じているというところに
リアルとの限界もありますし…。何を言ってるか自分でもわかりませんが、そういうのが正直な感想です。
 一つ思ったのは、差別意識とか知らないものに対する恐怖心というのは誰しにもあって。それはどんなに一つずつ知っていってもすべてが消えるものではないと私は思っているし、あったとしてそれが正しくないとは思わないんです。ただそれを、その人の主観に満ちたそれを声高に主張し、他を排除するのは間違っていると思う。絶対的な強者なんていうのは存在していなくて、ある差別主義者だって別の視点から、他の人から観たら差別される対象だっていうことだしそれはあまりに理不尽に防ぎようがないことだから。だからすべてを認めよう、受け入れようと無理に思わなくて良いから、否定もしなくて良いし、私はそうありたいと思いました。
なんだか説教じみて来てしまいました。
書いていて思いましたが、やっぱり題材として重い…。だからこそ、それを表現し、それを逆に吹き飛ばすためにも、この映画には音楽が必要だったのだと思います。

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

デッド・プール2

【基本情報】

ジャンル:アクション・コメディ〔R-15〕
製作年:2018年
監督:デヴィッド・リーチ
出演:ライアン・レイノルズ
   ジョシュ・ブローリン
   ザジー・ビーツ
   モリ―ナ・バッカリン
   ジュリアン・デニソン等
キャッチフレーズ:「もう、ぼっちじゃない」

【概要とあらすじ】

 全世界で大ヒットを記録した異色ヒーロー映画の続編。マーベルコミック「X-MEN」シリーズに登場するキャラクターで、人体実験により驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い顔と身体に変えられてしまった元傭兵、ウェイド・ウイルソンデッドプールの活躍を描くアクションコメディ。
 敵からの襲撃を受け、愛するヴァネッサを失い絶望するデッドプールだったが、「X-MEN」の助けにより決意新たにヒーローとして歩み始める。その任務の中で出会った謎の少年ラッセルを未来からやってきたケーブルから守るため特殊能力集団「Xフォース」を結成し、新たな戦いが幕を開ける…。

【評価と感想】

評価は ★★★☆☆☆☆☆☆☆

 公開3日目、早速6月1日に「ファースト・デー」を利用して観てきました。
 前作同様、いや前作以上のブラック・ユーモア(というか他映画のディスり…笑)、映画小ネタの連続には楽しませられました。きっと見落としている部分もいっぱいある…。その点では観れば観るほど新しい発見がありそうです。
 デッド・プールに出てくるこのギャグというか、イジりが嫌じゃないのは、その作品に対する愛情みたいなものも感じるからなんですよね。笑うことで昇華する、というとすごく偉そうですが、冗談にでもしないと救われない(結果となってしまった、しまっている)映画(や映画の一部分)ってあるじゃないですか。そういう部分をうまく掬い取っているなぁ
と妙に感心すらします…笑
 ストーリー展開は、毎度ながら「真面目にバカやってます」という感じでした。言うまでもないですがアクション・コメディでありそれ以上の何もないですが、大人になるとこう、あえて何もかも取っ払って「バカになる」時間というのも、たまにはあっていい。(2時間無駄にしてるよなー…って考えたくない訳ではないはず)2年ぶりのデッド・プールは改めてそう感じさせてくれる映画でした。

マネーモンスター

【基本情報】

ジャンル:スリラー
製作年:2016年
監督:ジョディ・フォスター
出演:ジョージ・クルーニー
   ジュリア・ロバーツ
   ジャック・オコンネル等
キャッチフレーズ:「真実は生中継で暴かれる」

【概要とあらすじ】

監督としても活躍するジョディ・フォスターの監督第4作目。日本公開時には来日し、今作のテーマに沿って東京MXの「五時に夢中」に緊急生出演したことでも話題に。ダブル主演は、「オーシャンズ12」以来実に11年ぶりの共演となるジョージ・クルーニージュリア・ロバーツ。彼らの演技にも注目が集まった。

 ジョージ・クルーニー扮するリーはテレビ番組「マネーモンスター」の司会者。軽快なトーク財テク情報が売りの人気番組だ。そのディレクターがジュリア・ロバーツ演じるパティ。ある日、生中継をしている番組中に見知らぬ男が乱入し、リーを人質に番組をジャックする。彼の目的とは、そして隠された真実とは…。

【評価と感想】

 評価は ★★★★★★☆☆☆☆(6点)
 楽しめる。
 期待していなかった分評価が高くなってしまいます。この映画はNETFLIXで配信されていて、お気軽に「ま、観てみるか~」ぐらいのテンションと期待値で見始めたのですが、展開にすっかりのめり込んでしまい、気付いたら全部観終えていました。
 何が良いって、乱入者カイル・バドウェル(演ジャック・オコンネル)の報われなさですね。そして「My honest job pas me $14 an hour, you cocksucker. So let's start there. You know how far $14 an hour get s you here in New York? You know how much of that is left after I pay my rent and all my fucking bills?」という台詞ね。ええ、お気持ち痛いほどわかります…(切実)。そして更にはパートナーに罵倒されるという仕打ち。まあ当然ですけどね。当事者だったらやりきれないですよ。
 ただ最後のオチは至って普通です。

【ジャック・オコンネルって?】

二大俳優と競演している、俳優ジャック・オコンネルって誰だ??ということで、少し詳しく見てみましょう。

生年月日:1990年8月1日
出生地:イングランド

 2014年にはアンジェリーナジョリーが監督を務めた「アンブロークン」で主人公を熱演。「スリーハンドレッド 帝国の新劇」でハリウッド進出したのち、2015年「名もなき塀の王」で主人公を演じ切り、0い評価を集めてきている。英国インディペンデント映画商主演男優賞にノミネートされるなど注目の若手俳優のひとり。

 ふむふむ。地味ながらも(失礼)なかなか今後が楽しみな経歴ですね!顔はイケメン系というより悪役に向いていそう。今回のもどちらかといえば犯罪者役ですしね。あとちょっと不幸顔というか、悲しみを秘めている顔な気がします。ただの英国男子ブームで終わって欲しくないなぁ。

【まとめ】

時間ある方は、NETFLIXで観てね!

Netflix

Netflix

アジャストメント

【基本情報】

ジャンル:SF恋愛サスペンス
製作年:2011年
監督:ジョージ・ノルフィ
出演:マット・デイモン
   エミリー・ブラント
キャッチフレーズ:「《操作》された運命に逆らえ」

【概要とあらすじ】

 米のSF作家、フィリップ・キンドレド・ディックの原作小説を基にしたSF恋愛サスペンス。監督はジョージ・ノルフィ。主演のマット・デイモンとは「ボーン・アルティメイタム」でも組んでいる。

 バレリーナのエリースに一目ぼれした政治家のデビッドは、決められた運命を逸脱しないよう世の中を監視している「アジャストメント・ビューロー(=運命調整局)」に拉致されてしまう。一緒になるはずのない運命にあらがう彼らを待ち受ける結末とは…。

【評価と感想】

 評価は ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2点)
 つまらなすぎる!
 運命は決められていて、日常に起こるちょっとしたアクシデントは実は操作されている…!っていう設定はちょっとわくわくしました。例えば、タクシーがなかなかつかまらない、急に圏外になる携帯電話、急に降り出す雨、タイミング悪くなる着信、ちょっとした振動でこぼれるコーヒーとかね。あるあるだし、なんでこうなる!と誰しもが思ったことあるんじゃないでしょうか。

 ただ、そのほかの設定が甘くて甘くて。運命をアジャストする”運命調整局”(映画中でいわゆる天使だという説明があります)の持つ力が中途半端。実際、運命を変えられるほどの力はなくて、ちょっとつまずかせてみたり、電話を鳴らしてみたり、思考を少し変える程度で、全然うまくいかないじゃないか!っていう。その程度で今まで何ができてきたの?っていう感じですよね(笑)「運命を操作する」っていうより、干渉する、いたずらする程度で笑えてきます。

 あと、色んな要素を詰め込みすぎていてまとまらない感じがありました。ラブロマンスなのかSFなのかサスペンスなのか。。。結末も最初からわかっているようなもんですし、2回目はないですね。締めの言葉も使い古されいて何も感じないぞー。
 ただ個人的にマット・デイモンが好きなので1点追加で2点!

【良かった、印象に残ったシーン】

運命調査員は「移動キー」となる帽子をかぶると「どこでもドア」のような力を使えるんですが、それを使ってどんどん移動していくシーンですね。使ってみたい…。もはや映画の感想ではないけれど…(苦笑)

【まとめ】
 観た方が良いのは、マット・デイモンのファンだけです!

アジャストメント [Blu-ray]

アジャストメント [Blu-ray]

レッド・スパロー

【基本情報】

ジャンル:スリラー
製作年:2017年
監督:フランシス・ローレンス
出演:ジェニファー・ローレンス
   ジョエル・エドガートン
   マティアス・スーナールツ
キャッチフレーズ:「私は、国家の美しい武器。」

【概要とあらすじ】

 元CIAエージェント作家、ジェイソン・マシューズのスパイ小説の映画化作品。監督は「ハンガー・ゲーム」のフランシス・ローレンス。主演は「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンス。彼女が大胆なヌードシーンに挑戦したことでも話題となった。


 バレリーナとしてこれから活躍せんとするドミニカ・エゴロフは、怪我を負ったことで将来を絶たれてしまう。病気の母を持つ彼女は、母が病院で治療を受けられるようにとロシアの諜報機関での訓練をする道を選ぶことになる。ロシアのスパイ「スパロー」となった彼女が待ち受ける運命とは…。

【評価と感想】

評価は ★★★★★★☆☆☆☆(6点)
面白い!
特にスパイもの、アクションもの、スリラーが好きな方はハマると思います。
※現在まだ公開中のため、極端なネタバレは避け紹介にとどめますが、以下注意してお読みください。

内容はR15+指定になっているとおり、やや暴力・エロ有り(胸、ち〇こモロダシあります…)。そういったもの苦手な方は避けてくださいね。
 
この「スパロー」。詰まるところ娼婦スパイという意味です。ハニートラップ、色仕掛けを武器にスパイ活動を行う諜報員なんですね。男女の駆け引きと国家間の駆け引き、どこまでが本心でどこからが虚実なのか。誰が嘘つきで誰を信じて良いのか。そのドキドキ感が最後まで止まりませんでした。上にR指定有りと書きましたが映画全体を観るとそれよりも心理戦メインなのも良かったです。ミッションインポッシブル(確かCIAの特殊作戦部の話でしたね)のような爆発アクション、飛び道具祭りではなく、もっと日常の陰惨とした中での地味な諜報活動のイメージなんですが、それはそれで刺激的でした!

【良かった、印象に残ったシーン】

 「良かった」とは思いませんが、印象に残ったのは、CIA諜報員ナッシュが拷問されるシーンです…。これは映画を見た9割の人が印象に残っていると言うと思いますが、とにかく痛い。今思い出してもぞわぞわします。あえて言えば、こういうリアルなシーンがあるからこそ、その真実性というか切迫感というかが高まるんですが、そこまでやる必要ある?っていうぐらい長い時間に感じました。
 それと素直に「良かった」シーンは最後の最後ですね。

【元CIAエージェントが書いた原作】

 この映画には原作があるのですが、それはなんと元CIA局員、現国家秘密本部に在籍していたというジェイソン・マシューズが書いています。彼自身、33年間にわたる在籍期間、海外で国家安全保障に関する情報収集活動に携わり、この作品同様、敵に絶えず監視されている中での工作活動に携わっていた、とのこと。なんだかそう言われると映画に真実味が感じられてきます(単純なので)。少なくともその経験を基に書いてある部分は大いにあるのでしょう。翻訳されたものが早川書房から出版されていますので、気になる方は合わせてチェックしてみてください。

レッド・スパロー(上)

レッド・スパロー(上)

【時事ニュースとシンクロ…?】

この映画が日本公開されたのが2018年3月30日でしたが、その数日前、3月6日に「ロシアの元スパイ、英で意識不明の重体 不明物質が原因か」(BBC NEWS JAPAN 2018.3.6)とのニュースが走りました。後に意識をとり戻したスクリパリ大佐はロシア軍の情報部員で、2010年に米国・ロシア間でスパイ交換で釈放され英国に居住していたとのこと。映画とシンクロする部分があって、ますますただのエンターテインメント作品ではないような気がしてきます。本当にこんな世界ってあるんですね…。

【まとめ】

元CIA作者原作の本格的なスパイ映画です。観てください!
ただし、R指定15+。なかなかの暴力有りますので苦手な方は避けるのが良しです。
逆にエロ重視で期待している男子諸君、それメインでもないです…笑
レッド・スパロー【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]

エイリアン4

【基本情報】

ジャンル:SF
製作年:1997年
監督:ジャン・ピエール・ジュネ
出演:シガニー・ウィーヴァ―
   ウィノラ・ライダー
   ドミニク・ビノン等
キャッチフレーズ:あなたは「復活」を目撃する。

【概要とあらすじ】

 凶暴な地球外生命体を描くSFホラーシリーズ第4弾。監督は「ロスト・チルドレン」「アメリ」などのジャン・ピエール・ジュネが務めた。主演は前作までのシリーズ同様シガニ―・ウィーヴァー。

 舞台は前作から200年後。宇宙に停泊するオーリガ号。前作でエイリアン・クイーンを体内に宿してしまったことから、自ら命を絶ったリプリーが科学技術によりクローン「リプリー8号」として蘇るところから始まる。リプリーのクローンを作製しエイリアンの胎児の育成に成功したぺレズ将軍らは、それを軍事兵器として利用しようとしたのだった。やがてエイリアンの一群が檻から逃亡し、人間との死闘が始まる…。

【評価と感想】

 評価は ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点)
 つまり、微妙!
 シリーズ1~2を見て世界観が好きだった方、観なくてもいいと思います(苦笑)

 映画単体としては楽しめました。スリルもあったし、キャラも楽しくて、つまらなすぎるわけではない。
 シガニ―先輩の強い女っぷりも健在でしたしね!

 がしかし…リプリーの自害という悲しすぎる結末よって絶滅したはずのエイリアンが、ホントに馬鹿馬鹿しい、そしてありきたりな思惑によって復活。軍人らは、リプリーの制止に聞く耳も持たず育成。そして結局再び死闘。って、前作までの色々何だったの!?という気分に最初からさせられました。

 まぁ、シリーズもんってそうやって続いていくもんじゃん。と言われればそれまでですが。無理して続けてよくわかんなくなったパターンの一つです!
 僕は話の筋がしっかり通っていないと納得できない人なので、こういうのは許しません笑

【良かった、印象に残ったシーン】

 やはり、リプリー8号がクローンである自分が誕生する過程で生まれた、失敗作(半人間・半エイリアン)の7つの遺体と対峙し自ら破壊するシーンでしょうか。中にはかなり人間に近く、喋ることができる者もあり…。それを自ら決着をつけるように、自らの手で始末するリプリーを思うと悲しくて仕方なくなりました。人間のおぞましさと悲しさと浅ましさを感じるシーンでした…。

 ちなみにエイリアン4の原題は「Alien:Resurrection」といいます。Resurrectionは動詞Ressurectの名詞形で、「復活」という意味です。これはエイリアンの、そしてリプリーの復活を意味していると思いますが、ここでリプリーが「実験8号目」として誕生したことは宗教的な意味があると思います。
 というのは「8」という数字はキリスト教では「(イエスの)復活」を連想させる数字だからです。詳しくは調べて頂ければより詳しいですが、十字架に掛かったイエスが復活したのが「8日目」と言われており、イエスの死と復活を意味することとなった洗礼の聖堂は「8角形」で作られることが多いそうです。
 こういう宗教的象徴がコンテクストとして刷り込まれているところ、個人的に好きです。

【興行収入では成功?】

個人的に駄作だ!と決めつけるだけだとちょっと偏るので、シリーズと興行収入(全米/世界)も比較してみます。
エイリアン1:8093万ドル(全米) 1億0493万ドル(世界)      
エイリアン2:8516万ドル     1億3106万ドル
エイリアン3:5547万ドル     1億5977万ドル
エイリアン4:4779万ドル     1億6129万ドル

世界興行収入は着実にあがっているものの、全米では右肩下がり。やっぱり評価は分かれるし、高くはないようです。

【まとめ】

面白味はあるが、傑作とは言えない。
エイリアンシリーズのファンの方、観ましょう!
それ以外の方、パスしてOKです!

【自己紹介】

自己紹介

はじめまして。コウジと申します。20代の男です。

 

映画に関しては素人ですが、とにかく観るのが好きです。

映画館・配信サイト・DVD含めて1か月で6本ほどをコンスタントに観ています。

この程度で映画好きを名乗るのは怒られるかもしれませんが…(笑)

 

そこで、どうせ観るなら自分の記録の為にも何か形に残せたら良いと思い、ブログをはじめました。なので、このブログでは僕が観た映画の感想と個人的評価を綴っていこうと思います。

 

どんな映画を観ているのか?

基本的には洋画です。だってカッチョいいから…(偏見)。

観ないのはグロ・サイコ・スリラー系ぐらいで、あとは満遍なく見てます。

 

どうやって観ているのか?

映画館に行くのがまず一番好きです。なので最新の劇場公開作の紹介もしたいと思います。

あとは映画有料配信サービス(なんと一言でいえばよいのかわかりませんが)とか、DVD・Blu-rayでも観ています。

 

いつ観ているのか?

休みの日にまとめて。スマホにダウンロードして移動の電車内で。飯食いながらDVDで。などなど。

映画の日やキャンペーンで安く観られる日には、映画館で1日2本観ることもあります。

 

最後に

初めてのブログなので、どのぐらいのペースで進めていけるかわかりませんが、気ままに綴っていきます。

よろしくお願いします!